FC2ブログ


隷族-レイゾク-

『S』と『M』の両面を持つ私たちの【カタチ】です。。。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 光の中に見たものは

「じっとしてなさいよ」

目隠しの闇の向こうからそう女の声が聞こえたかと思うと乳首に激痛が走った。

「・・・っく」

耐えられず声が漏れてしまうレベルの痛みだった。
しかし、我慢出来ないほどのものでもない。
先ほど千切れんばかりに噛みつかれた右の乳首はまだ痛みに痺れていた。
その痺れが麻酔のように痛みを鈍化させたのかは分からない。
噛みつかれる痛みはその間中続くのに対して、今の痛みは一瞬で終わった。
彼にとっては痛みの深さより、時間が短いことのほうがありがたかった。

「ふふふ。ね!大したことないでしょう?」

目隠しが解かれ、光が視界に差し込んでくる。

「自分で見てみたら?」

女に促され、男は自分の乳首を襲った痛みの正体を目の当たりにした。
小高く隆起した両の乳首が、注射用の針に真横から真一文字に貫かれていた。

針は嫌だと言っていたのだが、嫌だと言われてしない女ではなかった。
嫌だと言われればしたくなる。
それが彼女のやり方であり、彼女が彼女たる所以である。

「先入観なのよ。やってみたら体したことないって」

実際そうだった。
見た目の痛々しさから自ら距離を置いていたプレイだが体験してみるとそれほどでもない。
なにも言わず呆けた顔で自分の乳首を見入る男に女は笑いながら声をかけた。

「抜いたら後で消毒してあげるから大丈夫」

女の唇が耳元に近付いてきた。
「今日は針はこれぐらいかな。次回は背中ね」

そう囁くと同時に男の耳たぶを強く噛み締めた。

「ぐぅっ・・・」
耐えられず漏らした男の声がまた部屋に広がった。





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2008/03/16/Sun 20:43:00  回顧録/CM:1/TB:0/

§ 似た者同士

知っていましたよ。
あなたがお尻を叩かれるのが好きだってことは。

まぁるく形のいい尻たぶを平手で叩き付けると、悦びの声が聞こえてきます。





そして、乳首を噛まれるのが好きだっていうことも。
凛と隆起した先端を容赦なく上下の歯の間に挟み込む私。

もっともっと。

強く強く。

激しく懇願するあなた。

言われる度、応じようとする私の中に二つの顔が浮かんでは消えました。

あなたの望みを叶えようと心を鬼にする私と、あなたの挙げる悲鳴とも歓喜の声とも分からない叫びについ力を緩めてしまう私。

こんなことは初めてでしたが、その時悟ったんです。

これが私たちのカタチなんだってことに。
だってほら。
私自身もいつの間にか、あれほどまでに悦びが漲ってきましたから。

願わくばあのままいつまでも。。。。




お互いが力尽きたあと、その背中にはMの証が誇らしげに刻まれていましたね。

そう、私たちは似た者同士。

2008/03/12/Wed 00:36:25  想うこと/CM:3/TB:0/

§ 春一番

次の逢瀬の予定が固まりつつあります。
そのころはもう街は春の装いでしょう。
運が良ければ花見。

夜桜が見たいというあなた。
もちろん行きましょうね。
服の下は縄化粧ですが。。。

いまから予定をあれこれ頭で膨らます作業は実に楽しいものです。

この街はまだまだ寒さが厳しいのですが、頭の中には一足早い春が到来です。
2008/03/08/Sat 01:25:31  徒然/CM:0/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 隷族-レイゾク-. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。